パンガン島上陸&ホテル探し

  1. ホーム>
  2. パンガン島 珍道中>
  3. パンガン島上陸
スポンサードリンク

いよいよパンガン島上陸&ホテル探し

さて、今から11時間の深夜特急による長旅である。 隣のフランス人二人組と連結部でタバコを吸いながら、 パンガン島に思いを馳せた。 ずっと行きたくてあこがれ続けたパンガン島、 それにしてもまたホテルもとっていない。。 予定より1時間遅れの6時30分にスラターニ(スラータニ)に到着。 駅に着くと一斉にバスやらホテルやらの客引きが待ち構えていた。 お目当てのホテルが既に予約で一杯だったので、パンガン島の 北のほうのココナッツビーチにホテルを借りることにした。 方角的にサンセットも見れるロケーションのホテルだ。 港までバスで揺られること30分。 95%はファランで4%がタイ人、日本人は私だけの パンガン島行きのスビードボートに乗り込んだ。 あいにく天気は曇りだったが、デッキで受ける風が心地良い。 3時間後、サムイ島に到着。 約半数がこの島で下船していった。 サムイ島にホテルを借りて、フルムーンパーティーの時だけ パンガン島に行く人間が多いらしい。 さらに1時間後、船はパンガン島に到着。 ようやく16時間の移動を終えて、目的地に着いた。 迎えに来たホテルのボロボロのバンの荷台に乗り込み、 山道を30分ほど上っていく。 はっきり行って、ジャングルだ。 途中インドゾウが数頭、トレッキングランドみたいなところに放たれていた。 ホンマにこの先にホテルやバンガローなんてあるんか?

スポンサードリンク

 次へ  パンガン島のココナッツビーチ

カンボジア シェムリアップのゲストハウス
ベトナム ベトナムのホーチミンへ
台湾 台北の格安ホテル
バンコク バックパッカーの聖地カオサン

パンガン島 放浪 放浪 バックパッカー   アジア放浪記パンガン島

エンタメ関連サイト

那覇マラソン・ホノルルマラソン挑戦記
30歳を越えたサラリーマンが家族を見返すために一念発起!
inserted by FC2 system