パンガン島で平和な日

  1. ホーム>
  2. パンガン島 珍道中>
  3. パンガン島での平和な日
スポンサードリンク

パンガン島での平和な1日

今日は天気もボチボチなので パラダイスウォーターフォールへ行きました。 滝つぼで気持ちよく泳いだ後、やはりジジイが寄ってきて 毒キノコを買って行けと言う。 バンガローで料理してくれるから!と、 ジジイは 力説するのだがこれをバンガローに持って帰って “プリーズ,クッキング,ディス,ワン!” と言った時に失うものなど、この翁にはお構いなしだ。 さて、コーラを飲んで一服しているとパンガン島では 日常の激しいスコールに見舞われた。 とてもじゃないが、帰れないくらいだったので しばらくここで時間を潰すことに。。 するとお婆ちゃんがヨロヨロとバイオハザードの 中ボスのように寄ってきた。 思わず撃ちかけたが、よく見ると手には何かを持っている。 それは、な、何とビンゴゲーム! ヒマそうに雨宿りをしている私を気遣ってか、 テ-ブルゲームを持ってきてくれたのだ。 よく見ると、思いっきり"80バーツ!”と値札のシールが貼ってある。 気遣ってくれるのはありがたいが、私はそれはもう ビックリするくらいビンゴをやる気分ではない。 結婚式の2次会のようなノリでは、今はないのだ。 しかしお婆ちゃんは、さもさりなんといった感じで、 おもむろに数字の書いてある紙を配りだす。 そしておもむろに数字の書いてある駒を混ぜることもなく 手にとってタイ語で数字を読み始めた! 最初は37番だったらしいが、とにかくタイ語で 数字を言われてもわかるわけがない。 お婆ちゃんはわたしの紙に37番があるかチェックして、 あるところには穴を開けるのではなく マークみたいな目印のコマを置いていった。 なるほど・・・。 こうすれば穴を開けずに何度でも楽しめるという寸法だ。 っていうか、お婆ちゃんと二人でするタイビンゴ・・・。 これ以上ないくらいのパンガン島での平和な時間でした。

スポンサードリンク

 次へ  パンガン島ドラッグとファラン

カンボジア シェムリアップのゲストハウス
ベトナム ベトナムのホーチミンへ
台湾 台北の格安ホテル
バンコク バックパッカーの聖地カオサン

パンガン島 放浪 放浪 バックパッカー   アジア放浪記パンガン島

エンタメ関連サイト

那覇マラソン・ホノルルマラソン挑戦記
30歳を越えたサラリーマンが家族を見返すために一念発起!
inserted by FC2 system