九分の絶景を見る

  1. ホーム>
  2. 台北 珍道中>
  3. 九分の絶景
スポンサードリンク

九分の絶景を見ながらお茶を飲む!

台北駅で特急の切符を買い、電車に乗り込んだ。 今日はかねてからの台湾での目玉である九分へ向かうのだ。 この九分という街は、山の上にある街で ちょっとしたマチュピチュのようでもある。 あの宮崎駿監督がここ九分を訪れて インスピレーションをもらい、その後 千と千尋の神隠しを製作したことでも有名な街なんです。 1時間電車に揺られて、瑞芳駅に到着。 駅前の公園の広場で人だかりができている・・・。 かき分けて行くと、10歳にも満たないであろう 少年が大衆を前に演説している・・・。 終わったあと、湧き上がる拍手と喝采。。 この子はきっと、将来とんでもないアホになるでしょう。。 そこから九分に向かうため 路線バスで20分ほど山を登っていく。 着いたのはビクトリアハーバーもビックリの絶景の街。 ここがあの九分なのか・・・。 眼下に湾を見下ろし、ノスタルジックな九分の 街並みはさらに石畳の階段を登っていくと タイムスリップしたような錯覚に陥らせます。 永遠に続くかのような九分の露店や土産屋。 廃墟となった映画館。 ここ九分は完全に1940年代です。 そもそも九分という地名の由来は、大戦前に たった九世帯しか住んでいなくて配給なども九世帯分しか 頼まなかった、というところからきているそうです。 途中、山の中腹辺りで阿妹茶酒館という九分では 有名な茶房があったのでお茶をしました。 女性が泣いて喜ぶような海を見下ろすオープンテラスで、 本場のウーロン茶を頼みました。 お湯代とあわせて290元。 約1000円と高めですが、お茶マニアの僕が 断言しますがここのウーロン茶を飲んだら、 日本のウーロン茶は飲めない!とでも言っておきましょう。。。 ココナッツプリンも激ウマでした。 九分はめちゃんこオススメの場所です!

スポンサードリンク

 次へ小籠包&排骨麺

タイ バックパッカーの聖地、カオサン
パンガン島 パンガン島上陸&ホテル探し
カンボジア シェムリアップのゲストハウス
ベトナム ベトナムのホーチミンへ

パンガン島 放浪 放浪 バックパッカー   アジア放浪記パンガン島

エンタメ関連サイト

那覇マラソン・ホノルルマラソン挑戦記
30歳を越えたサラリーマンが家族を見返すために一念発起!
inserted by FC2 system