ベトナムのインターネット事情

  1. ホーム>
  2. ベトナム 珍道中>
  3. ベトナムのインターネット
スポンサードリンク

ベトナムのインターネット事情について

ベトナムのドンコイ通りのとあるインターネット屋で ようやく日本語入力できる店を見つけたので入ってみた。 ベトナムインターネットの環境は アジアでも少し遅れているといった感じだった。 やはりベトナムが社会主義国というのが影響しているのだろう。 今まで寄ったアジア諸国の中で、こんなにインターネットを 探し回ったのはベトナムが一番だった。 たまった2日分の日記をインターネットに書いて、 表通りに出た。 すると、ほとんど死に体のジジイが何やら新聞を たくさん持って来て買ってほしそうにしている。 しかし日本の新聞は一つもない。 私>ジイさん!日本語の新聞がないならいらないよ! 日本語で言うとジジイは理解したのかしていないのか、 そのままフラフラ消えて行った。。。 お土産のネクタイを見てとある店を出ると、さっきの ジジイが地縛霊のように立っているではないか。 私>ジジイ!しつこいな!さっきも言ったけ・・・、ん? 何と手にはサンスポを握り締めている! ジジイ~~~~!!!!!! やるじゃね~~~か!! 今俺が最も読みたい新聞を持ってくるとは! インターネットより便利だな、ジジイ!! しかも日本語で言ったのに!!! 一面には、松坂レッドソックスへ!60億円! これは買いだ! 私>ジジイ!悪かった!買うよ!いくら? ジジイ>2ドル・・・。 くっ・・・。 1日遅れのスポーツ紙が定価より高いとは・・・。 しかしこの際仕方ないべ。 2ドル渡すとジジイはフラフラと墓地へと帰って行った。

スポンサードリンク

 次へ   ベトナム観光 ビエンタイ&クチ

台湾 台北の格安ホテル
バンコク バックパッカーの聖地カオサン
パンガン島 パンガン島上陸&ホテル探し
カンボジア シェムリアップのゲストハウス

パンガン島 放浪 放浪 バックパッカー   アジア放浪記パンガン島

エンタメ関連サイト

那覇マラソン・ホノルルマラソン挑戦記
30歳を越えたサラリーマンが家族を見返すために一念発起!
inserted by FC2 system