ベトナムのホーチミン

  1. ホーム>
  2. ベトナム 珍道中>
  3. ベトナムのホーチミン
スポンサードリンク

いよいよベトナムのホーチミンへ!

今日はいよいよシェムリアップを離れ ベトナムホーチミンへと発つ日。 14時30分に飛行機はベトナムホーチミンの空港に到着。 ベトナムホーチミンでは4泊の予定だ。 もうゲストハウスは飽きたので、少しマシなホテル のデラックスルームに泊まる。 とりあえずホーチミンの街に出てみた。 どうでもいいけど、ベトナムはバイクがビックリ するくらい多すぎる。 信号待ちなんて、ザッと300台は並んでいるであろう。 まさに珍走団だ。 とりあえず有名なドンコイ通りに行って見るか・・・。 う~ん、ベトナムはフランス統治時代の面影を 残しているからか、ドンコイ通りは小さなパリといった感じだ。 ベトナムではアオザイのドレスは比較的安い料金で オーダーメイドできるみたい。 ホーチミンではカフェに入っても、ティラミスが100円もしない。 お洒落なオープンカフェが並び、食べ物は美味しい。 雑貨屋さんがいっぱい並んでいる。。 ・・・。 私は思った。。。 ホーチミンは男一人で訪れる町ではないな。。。 ホーチミンにはバックパッカーなんて、ほとんど歩いていない。 ベトナムは一応社会主義国家だが、ドイモイという 経済刷新政策で自由市場に変化した。 ホーチミンの街には活気があふれている。 ベトナムの通貨は10000ドン=70円くらい。 ポケットには300万ドン入っているが、約2万円くらいだ。 計算のたびにややこしくなる。 何故ベトナムはデノミネーションしないのか!? まったくもって迷惑な話だ。

スポンサードリンク

 次へ   ベトナムでシクロ

台湾 台北の格安ホテル
バンコク バックパッカーの聖地カオサン
パンガン島 パンガン島上陸&ホテル探し
カンボジア シェムリアップのゲストハウス

パンガン島 放浪 放浪 バックパッカー   アジア放浪記パンガン島

エンタメ関連サイト

那覇マラソン・ホノルルマラソン挑戦記
30歳を越えたサラリーマンが家族を見返すために一念発起!
inserted by FC2 system