パンガン島のフルムーンパーティーへ

  1. ホーム>
  2. パンガン島 珍道中>
  3. パンガン島フルムーン
スポンサードリンク

パンガン島最大のイベント、フルムーンパーティーへ

パンガン島の朝は早い。 今日はいよいよパンガン島名物、フルムーンパーティー! あいにくの曇り空だが楽しみで仕方ない。 一服した後バイクを借りて、フルムーンパーティーに備えて ゲストハウスで夜まで待機。 さて、ハードリンに着くとそこはフルムーンパーティーに 参加する信じられないくらいの人の数で埋め尽くされていた。 フルムーンパーティーになるとパンガン島には 2万人もの人々がやってくるという。 約1kmのビーチは全てレイブ会場に変化している。 どこのブースも主にサイケをガンガンにかけまくっていた。 全身に蛍光塗料をペイントしているアホや、ヒゲ丸出しのオカマ。 見えないものが見えているかのように踊っているジャンキーや それをジッと見ているポリス。 岩場の影でセックスしているカップルや、イチャつくゲイカップル。 これがフルムーンパーティーか! とにかく何でもありの世界だ。 踊っているとキャップを被ったキレイなタイ人の女が手を引っ張る。 色目を使ってくるのだが、レイヴに来て踊りながら パンガン島まで来て気に入った男がいれば 春を売っているらしい。 しかし悪いが俺はそれどころではない。 フルムーンパーティーなのだ! そんなこんなで朝まで踊ってました。 結論、初めてのフルムーンパーティーは、 はっきり言って人が多すぎる! パンガン島に行くなら1回は行くべきだろうけど、 もういいかな。 3日後のシバムーンパーティーは 人も少なく森の中であるので今から楽しみだ。

スポンサードリンク

 次へ   パンガン島の食事&カフェ

カンボジア シェムリアップのゲストハウス
ベトナム ベトナムのホーチミンへ
台湾 台北の格安ホテル
バンコク バックパッカーの聖地カオサン

パンガン島 放浪 放浪 バックパッカー   アジア放浪記パンガン島

エンタメ関連サイト

那覇マラソン・ホノルルマラソン挑戦記
30歳を越えたサラリーマンが家族を見返すために一念発起!
inserted by FC2 system