パンガン島のバンガロー

  1. ホーム>
  2. パンガン島 珍道中>
  3. パンガン島のバンガロー
スポンサードリンク

パンガン島のココナッツビーチリゾートというバンガロー

終にパンガン島の真っ青な海が眼下に現れた! スゲェーー!!!! 長旅を終えた私を“さぁ、癒してあげよう!”と 言わんばかりのパンガン島の絶景・・・。 ココナッツビーチリゾートというバンガローに到着したのだ ビーチが目の前のバンガローはベッドが2つついていて、 表にはビーチを見ながらのんびりできるハンモックがある。 隣のバンガローがロビーで、歩いて30秒。 海を見ながらアイスコーヒーを飲んで パンガン島の夕日を眺めれる絶好のロケーションだ。 バンガローにチェックイン後、ずっとこのバンガローに 居住しているファランがパンガン島について色々と教えてくれた。 昼から夕方にかけては電気が止まること。 パンガン島でのバイクの借り方と支払いの方法・・・。 バンガローのママはタイ人で、すごい優しい。 ママ>どこへ行くんだい! 私>早速バイクを借りて、ハードリンまで踊りに行ってくるよ! ママは"仕方の無い子だねぇ・・・。”とでも 言わんばかりに首を横に振った。 早速一服した後、バイクを借りに30分ほど山道を歩く。 1日200バーツだったが、この際仕方ない。 そのまま地理を把握するため、ハードリンビーチまで 1時間弱程走った。 まだ19時だからであろうか、ビーチには人がほとんどいない。 パンガン島は毎日パーティーと聞いてたのにな。。。 日本人なんてほとんどいない。 ビーチには軒並みバーが立ち並び、すべてが人がおらず ガランとしている。 うーん、バンガローに帰ろっかな・・・。 その時、3人の日本人がインターネット屋の前で座っていた。

スポンサードリンク

 次へ  パンガン島ハードリンビーチ

カンボジア シェムリアップのゲストハウス
ベトナム ベトナムのホーチミンへ
台湾 台北の格安ホテル
バンコク バックパッカーの聖地カオサン

パンガン島 放浪 放浪 バックパッカー   アジア放浪記パンガン島

エンタメ関連サイト

那覇マラソン・ホノルルマラソン挑戦記
30歳を越えたサラリーマンが家族を見返すために一念発起!
inserted by FC2 system